なんちゃって陶芸教室TOP -- 製造工程 -- 成形

製造工程

成形

成形

粘土で形づくります。
大きく分けると手びねりと電動ろくろがあります。初心者は手びねりからですね。
電動ろくろは「菊練り」ができるようになってからです。


手びねり

陶芸作品の基礎とも言える成形法です。
しかし、丁寧な作業をすれば、出来上りは本格的になりますよ。
まず必要量の粘土を取り、粘土をキャッチボールするように両手の間に行き来させます。
表面が滑らかになるまで、手の中で丸めてください。

これで、まずは準備完了です。
指を入れて、湯のみの穴を作ったり、平らに伸ばしてお皿にしたり・・と色々と形を楽しんでみてください。
形を整えたら、生地の厚さが均一になるようにします。厚みにムラがあると、乾燥にムラが出てしまいます。
整った形にするためには、手ろくろに乗せ全体をチェックしてください。
湯飲みの飲み口など、口の当たる部分などは、滑らかに。
後々、長く使うためには、使い易さも考えるといいですね。
大きさは、焼成すると小さくなる事も忘れないでおきましょう。
では次に高台を削って作ってみましょう。
高台があると、手びねりの作品がぐっと、グレードアップしますよ。
その為には、 最初に形を作る時、底の部分の厚みを厚くしておく必要があります。
少し、乾燥して固くなりかけた時に削って作ります。

電動ろくろ

両肘をしっかり両膝に乗せ、基本に忠実に、ぶれない体勢を作ります。
両手を粘土のお山に軽く沿え両手の親指で粘土の中心をとり、そのまま親指をぐいと押し込み、まずは器の深さを決めましょう。
深さを決めましたらそのまま両親指を左右に広げ底の広さを決めます。
次に右利きの方は右手の手首をやわらかくしならせ、親指と中指人差し指で底から上へと粘土を持ち上げ荒のばし、筒上げをします。
この時左手でしっかり右手を支えてぶれないようにすることが大切です。
粘土の厚さが5ミリ程度で全体的に均一になりましたら、最後に形を与えて、ぐい呑み、お茶碗、お湯のみ、抹茶茶碗、鉢物、花器などお好みの形に仕上げてくださいね。
粘土のお山から切り離し出来上がりです。



TOPページ | 製造工程 | 窯の種類 | 七輪陶芸 | サイトマップ