なんちゃって陶芸教室TOP -- 製造工程 -- 素焼き

製造工程

素焼き

素焼き

素焼きとは、釉薬をかけず低温(700~800℃)で焼いたものを言います。
一般的に、釉薬をかけずに焼いたものを素焼きと言う場合もありますが、 陶芸では釉薬をかけずに高温で焼いたものは、「焼き〆」(やきしめ)と呼ぶこともあります。
陶芸において素焼きの目的は釉薬をかける前に素焼きをしておく事で、破損を防ぐなど生地を強化する事です。
生のままの生地ではせっかく乾いて固くなった粘土が、釉薬の水分をすってまた弱くなってしまうのです。
また、移動したりする場合も、生地が強く楽になりますよ。
焼成時の、温度上昇の不安定な時期にも耐えられる強さが備わります。


窯入れ

低温ですので、生地が溶けてくっつくという事はありませんので、作品同士を重ねても構いません。
むしろ重ねて効率よく入れる事を考えた方がいいでしょう。
大きな作品の中に小さな作品を入れても構いません。
同じ形の皿などは、きっちりと積み上げましょう。
また空気が対流できるように、多少の隙間を空ける必要があります。
そして蓋物の蓋は外して別々にしましょう。
重みで割れるといけないので、ある程度積み重ねたら、一旦支柱を立てて棚板を置き次の段に積みます。
窯全体の温度が均等に上がるよう、一箇所に作品が偏らないよう詰めましょう。
また、作品は充分に乾燥させてから窯入れをしてください。
乾燥が不十分だと、内部の水分が温度上昇とともに膨張しヒビ割れの原因となりますので気を付けてください。
また、生地を保存する場合は、一旦素焼きだけはしておいて保存し、ある程度数がまとまってから釉薬がけをして本焼きをします。
生生地の状態は弱いですし、釉薬掛けをしたものもやはり、釉薬の部分は傷付きやすく弱いです。



TOPページ | 製造工程 | 窯の種類 | 七輪陶芸 | サイトマップ