なんちゃって陶芸教室TOP -- 製造工程 -- 本焼き

製造工程

本焼き

本焼き

本焼き焼成は、焼きものづくりの最終的な工程で、作品の善し悪しを決定づける重要な技術です。
焼成方法は様々ですが、陶芸窯を使うのが一般的でしょう。
薪を使って焼成する登り窯や穴窯、石油(灯油)を使う石油窯、ガスを使うガス窯、電熱で焼成する電気窯などがあります。
焼成の仕方としては酸化焼成、還元焼成が基本としてあります。
酸化か還元の違いだけで焼成前までは、同じだった作品がまったく違う色になって出てくるのです。
また、温度の上昇や冷却、最高温度、ねらし時間等の環境のわずかな違いで仕上がりが変わってきます。
それだけに、焼成においては完全に窯の中を把握しながら、狙いどおりの作品づくりをすることが非常に困難なことでもあり、逆にそれが面白味にもなっています。
まさにこれが焼きものの醍醐味で、陶芸の奥の深さを物語っていますよね。



TOPページ | 製造工程 | 窯の種類 | 七輪陶芸 | サイトマップ