なんちゃって陶芸教室TOP -- 七輪陶芸

七輪陶芸

七輪陶芸をご存知ですか?
陶芸で、もっとも難しく厄介なのが、焼成(焼くこと)ですよね。
陶芸は、粘土で形をつくって、それを素焼きをし、釉薬をかけ、そして、本焼きをすることによって、器として使えるようになります。
焼くときには、当然、窯を使います。窯には、いろいろな種類があり、たとえば、登り窯や、穴窯、よく、陶芸教室などで使われる、電気窯、灯油窯、ガス窯などがありますね。さらに他にもたくさん種類があるのです。
しかし、やはり、どれもそれらの窯を置くスペースや、かかり過ぎる燃料代の問題などが出てくると思います。
個人で所有するのは、なかなか難しいですよね。
特に、スペースの問題は重要です。
電気窯や灯油窯であっても、ある程度のスペースは必要ですし、これがマンションなど集合住宅なんかに住んでいるとなると、無理だと思う人も多いでしょう。
しかし、七輪陶芸は場所を選ばず、どこでも出来るのです。
例えば、自宅のちょっとした庭先やガレージ、少し広いバルコニー、また近くの公園や河原、もしくは、キャンプで2つのイベントにと、本当にどこでも出来るのです。(ただし、電源は必要です)
燃料も、通常の陶芸では薪を使うのに対して、七輪陶芸は炭を使います。
使う量もたくさん使ったとしても、5、6kgと経済的。
ホームセンターなどで10kg1000円前後で売っているような、バーベキュー用の炭で良いんです。
興味のある方は、ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか?

七輪陶芸


TOPページ | 製造工程 | 窯の種類 | 七輪陶芸 | サイトマップ